06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁和寺見学

ヨガ教室のからみで

京都の 仁和寺 というお寺へ見学に行きました。

普通は自分たちで見てまわるだけですがちょっとしたツテがあるということで

お坊さん(ていうのかな?)の説明付きで

ためになったし楽しかったです。


仁和寺の創建は平安時代、第58代光孝天皇が西山御願寺として
着工されたのに始まります。
仁和4年(888)宇田天皇が先帝のご意志を継がれ、仁和寺を
完成させました。宇多天皇は退位後、出家して仁和寺を宿坊にされ
30余年もの間、真言密教の修行に励まれました。
以来、明治維新まで皇子皇孫が仁和寺の門跡となられ
仁和寺は御室御所と呼ばれ親しまれてきました。

広大な境内は御室御所跡として史跡に指定され、
国宝、重文の伽藍が配されています。宝物も国宝、
重文を多く有し、また、御室流華道の家元として
生花を通じ文化の向上にも貢献しています。

現在仁和寺は真言宗御室派の総本山であり
平成6年に国連の世界遺産に登録されました。


世界遺産登録、行くまで知りませんでした(笑)

私の仁和寺のイメージは

『国語の授業で~仁和寺にある法師~』

という言葉を思い出すくらいで



ちなみに初めは平安時代に創建されましたが
応仁の乱で焼失してしまい
徳川家光に再建を承認され立て直されました。

はじめは金堂と五重塔、鐘楼は渡り廊下のようなもので
つながれていましたが、再建されたときには
廊下がなくなったそうです。

白鳥が羽を広げたような形は、平等院鳳凰堂のような
形をしていたらしい。

さらに明治時代にも焼失し、再度建てなおされ
今の形になったそうです。

仁和寺という名前も年号からきているとか。


しかし今回いろんなお話を聞けて少しカシコクなった気がする?!



ちょっとだけしか写真とれてませんが

水掛地蔵

↑ 水掛不動尊

下にお水が溜まっていて、なが~い柄杓でお水をすくって
みんなかけていました

お坊さんがおもしろいお話をしてくれました。

(あまりはっきり覚えていないので間違えているかも
しれません。あまり人には話さないでください笑)

「不動尊の下に石がありますが、ここには菅原道真が
宇多天皇に合うために座って待っていた石と言われています。
菅原道真は宇多天皇の右大臣でしたが、宇多天皇が出家され
いわれのない罪で流刑にされ、最後に宇多天皇とお話がしたいと
待っていたが、宇多天皇の朝のお勤めが終わらず時間が来てしまい
泣く泣く去っていったという。

そして農民が川のほとりで何やら声を聞き、そこへ行くと
不動尊が『仁和寺に帰りたい』と泣いていたそうな。
農民はかわいそうに思い、不動尊を仁和寺へ持って行き
ここに置かれたというお話です。
もしかしたら道真の思いがこもっていたのかもしれませんね」

と言っていました。

何も聞かなければ水をかけて終わり、でしょうね


そしてこんな張り紙を見つけました

長寿

確かに最近は特にお元気なお年寄りが多いですから
100歳でもまだまだこれから!かもしれません



鐘楼

↑鐘楼

鐘が見えないので鐘楼とは気づかないかも


亀さん

↑観音堂の瓦が変わった形をしていたので激写

亀の形をしているそうです。

一緒に行った人はかたつむりだと思っていました(笑)



88箇所

↑仁和寺の中で八十八カ所めぐりができるそうです

ちゃんと四国の八十八カ所から砂をもらってきたそうで。
でも2時間くらいあれば全部まわれるそうです(笑)
四国出身者としてはご利益があるのか・・・(笑)

今は人も少なくなったそうですが昔はその中に
お茶屋さんやお風呂屋さんがあったそうです。

せっかく着付けを習っているので京都ということもあり
おばあちゃんの紬の着物を着て見ました



50のとう

↑五重塔
チラッとしか見えてませんがこちらの五重塔は
各層の屋根の大きさが同じという江戸時代の特徴を
示しているそうです。



松

↑宸殿へ向かう途中に手入れのされた松があったので一枚

松の絨毯のようです。


左近の桜

↑左近の桜

右近の橘、左近の桜とは有名ですが、その昔は
『左近の梅』だったらしいです。

梅が枯れてしまったときに、
その時の姫(誰か忘れた)が桜を好きだったから、とか
国を代表する花だから、とか諸説あるそうですが
梅よりも桜のほうが有名になったそうです。

お坊さん

↑お庭の前で説明中のお坊さん

落ち着いたいい声をされていますが
実は私と同い年でした

やっぱりお寺とかにいると落ち着くのでしょうか・・・
見習わないと(笑)

ちなみに池は草書で書いた『心』という文字になっているそう。

私にはわかりませんでしたが


最近の話では大河ドラマの『江』の撮影で
上野樹里さんがいらしていたり
『大奥』の撮影で二宮さんがきていたそうです。

セットではこんなに趣きのあるものは
なかなか作れないでしょうねぇ



お食事処の靴箱にこんなものが貼ってありました。


くつ


靴を脱ぐだけでも心配りをしなければと思いますね。



そして忘れてはいけないのが

甘味(笑)


仁和寺前のお店で抹茶づくしのスイーツをいただきました

抹茶

私一人で2個食べたわけじゃないですよ

抹茶シフォンケーキに抹茶アイスがのってます


仁王門を見ながら頂いていると知らない女の子二人組に

『写真撮らせてもらえますか??!』と言われ

写真をとってもらいました

着付け教室の成果が出たかしら


子供の頃ならあまり興味がなかったお寺とか(笑)
今ならいろいろ知りたいと思えるようになったので
着物と一緒に日本文化も勉強していきたいな
スポンサーサイト

Secret

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。