08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『レ・ミゼラブル』

映画館の予告で見たときから見たいと思っていた

『レ・ミゼラブル』を見てきました


見たかった割には何にも知らずに行ったので

見終わってからいろいろ調べてみました(笑)

レ・ミゼラブル=「悲惨な人々」「哀れな人々」

確かに主人公のジャン・ヴァルジャンはパン1個盗んだだけで

19年も刑に処されて、仮釈放になってからも身分証明書で

危険人物と記されているためどこに行っても冷遇され

人間不信に陥っていた。


ファンティーヌは夫に逃げられ幼い娘を宿屋の夫婦に預けながら

工場で働いていたが、くびになり娼婦へと転落していく。


しかしどんなにつらい目にあっても根底にあるのは

永遠に変わることのない真実の『愛』がそこにはあるのだろう。



全然何も知らずに見に行ったけどボロボロ泣きました

すごいよかったっていう人の気持ちがわかりました


ミュージカル、はまりそうです

舞台でも見てみたいです


しかし、CMとかではアン・ハサウェイがけっこう出てるのかと思いきや

出番自体は案外少なかった

そして囚人姿のときはヒュー・ジャックマンだと気づかなかったし

囚人と市長が同じ人だとも一瞬わからなかった

役者さんてすごいですね


X-MENのときは全然興味なかったけど

この映画で好きになりました、ヒュー・ジャックマン


~あらすじ~

ジャン・ヴァルジャンは貧困に耐え切れず、たった1本のパンを盗んだ罪で
徒刑場で19年も服役していた。仮出所を迎えたが身分証明書に危険人物と
記されているためどこへ行っても冷遇される。
そんなときある司教が温かく迎え入れてくれたがジャン・ヴァルジャンは
銀食器を盗み逃げようとする。
翌日捕まり連れ戻されたジャン・ヴァルジャンに司教は
「これは私が彼に差し上げたものです。急ぎすぎて
一番大切なものをお忘れですよ」と二本の銀の燭台をも彼に差し出す。
それまで人間不信と憎悪の塊であったヴァルジャンの魂は
司教によって救われまっとうな人間になることを誓う。

数年後ジャン・ヴァルジャンはマドレーヌと名乗り
市長になり工場の経営者となっていた。
そこで働いているファンティーヌという女は
隠し子がいることをばらされ工場長にくびにされる。

ファンティーヌは夫に逃げられ宿屋の夫婦に
幼い娘を預けて働いていた。しかし職を失い
きれいな髪を売り、歯を売り、もう売るものも
なくなりついに売春に走る。

ヴァルジャンは自分の工場を辞めさせられたせいで
すっかり変わり果てたファンティーヌと出会い、
彼女を助けようとする。
病床の彼女に娘のコゼットを連れて帰ると約束するが
ファンティーヌは息を引き取ってしまう。

その頃赴任してきたのはジャベール警部。
この男は仮出所のまま逃亡したジャン・ヴァルジャンを
追い続けていた。そして街中で馬車の下敷きになった男を
助けたためにヴァルジャンの正体がばれてしまう。
そんなある日、全くの他人がジャン・ヴァルジャンとして
逮捕されたと聞き、迷った末に自分が本当の
ジャン・ヴァルジャンだと名乗り出る。

ファンティーヌとの約束を果たすためヴァルジャンは
再度逃亡する。そしてコゼットを預かっていた
テナルディエ夫婦に要求された通りお金を支払い
コゼットを引き取る。

膝の上で安心して眠るコゼットに深い愛情を感じる
ヴァルジャン。だがジャベールが追いかけてくる。
修道院に隠れていたとき出会ったのはヴァルジャンが
街中で馬車の下敷きになったところを助けた男だった。
彼の助けを受け、ヴァルジャンとコゼットは無事に
逃亡する。

さらに時がたち、コゼットはすっかり美しい娘となった。
そんなコゼットを町で見かけ、一人の青年が恋に落ちた。
マリユスという名の彼に、コゼットもすっかり夢中になった。

マリユスは資産家の孫だが思想の違いから勘当され
家族と縁を切り、テナルディエの宿屋で暮らしていた。
そこの娘のエポニーヌの助けを借りコゼットの家を
訪れたマリユスは二人の愛を確かめ合う。

そんな甘いひと時もつかの間、ジャベールから逃げるため
ヴァルジャンとコゼットはイギリスへと向かう。
そしてマリユスは友人とともに革命を志し、蜂起する。

ジャベールは身分を隠し、味方のふりをして学生たちの
中へともぐりこんだが、ばれてしまい捕まってしまう。

ヴァルジャンはマリユスとコゼットの愛を知り
マリユスを助けるために町へと戻る。
そこでは市民は知らぬ顔で、学生たちは孤立していた。
マリユスを探すため彼らの仲間に加わると
そこに捕まっていたのはジャベールだった。
始末するふりをし、ヴァルジャンはジャベールを逃がす。

しかし戦況は悪化し信念を貫いて銃弾に倒れていく
若者の中からヴァルジャンはマリユスを見つけ、
意識のない彼を担ぎ、コゼットのもとへと急ぐ。
そんな時立ちはだかったのはジャベールだった。
ヴァルジャンを捕まえる絶好の機会だったが
彼に助けられたことにより自分の信念が揺らぐ。
そして彼を見逃し、ジャベールは自ら命を絶つ。

マリユスは、意識は戻ったが仲間は死に
自分だけ生き残ったことでショックを受けるが
コゼットの愛によって元気を取り戻す。

そして二人は結婚することになった。
一緒に暮らそうというマリユスにヴァルジャンは
自分の過去を話す。幸せな二人のもとに
自分がいてはよくないとヴァルジャンは一人旅立つ。

しかしひょんなことからマリユスを助けてくれたのは
ヴァルジャンだと知り、二人は
ヴァルジャンのもとへと急ぐ。

修道院で一人きり、今にも息を引き取りそうになっている
ヴァルジャンのもとへ駆けつけた二人。
それだけでヴァルジャンは救われ
永遠の自由へと旅立った・・・









スポンサーサイト

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

『My Fair Lady』

ふとDVDを借りてきて見ました

『My Fair Lady』

~感想~

オードリー・ヘプバーンが主演、くらいしか知らなくて

もともとミュージカルということも知らなかったので

いきなり歌いだしたときはびっくりした(笑)


そして普通の映画やと思っていたので

3時間もあるって知ってさらにびっくり(笑)


でも今の映画とは違ってCGとかもなくて

派手な演出とかもないし、長い話だけど

あっという間に見てしまいました


競馬場や宮殿でのシーンではすべての女性のドレスは

どれも素敵で乙女心?をくすぐられます


でもヒギンズの翻訳が今だと女性軽視では?

と思うほどの表現で逆に笑えた

でも最後にはいなくなったイライザを思い

録音した声を聴いていたヒギンズが可愛かったり


そして話し方を変えれば人生も変わる、

努力すれば道は開けるのだと思った。


~あらすじ~

下町生まれで下品な言葉遣いの花売り娘のイライザは
ある日言語学者のヒギンズに出会う。
そして自分で花屋を開くために言葉遣いを直したいと
ヒギンズにレッスンをしてほしいと申し出る。
ピカリング大佐の援助のもとイライザは住み込みで
レディになるためのレッスンを受ける。

寝る間もないレッスンの末にイライザは
宮殿の舞踏会で王女と間違われるほどのレディとなった。
しかし賭けの対象でしかないような扱いをされ
イライザはヒギンズのもとを去る。

独身主義で女は重荷だと
真剣に恋愛をしたことのなかったヒギンズは
イライザがいなくなったことで
自分の本当の気持ちに気づく。

彼女を思い、レッスン中に録音した声を聴いていた
そのとき、突然テープが止まり聞きなれた声が・・・!





theme : 色あせない名作
genre : 映画

『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』

『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』

~感想~

三銃士のお話は全然知らなかったけど

フランスは好きで見ていておもしろかった

ヴェルサイユ宮殿も見に行ったことがあるけど

フランスのストのせいで予定が狂い(怒)

全部見えていないから、もう一回フランスに行きたくなった~

ところで飛行船てルイ13世の時代に

ほんとにあったのかな??

最後に死んだと思ったミレディが生きていたけれど

第二弾もあるのかしら?



~あらすじ~

ガスコーニュ地方から銃士になるためにパリへやってきた
ダルタニアンは成り行きで三銃士と決闘をすることになる。
そこへリシュリュー枢機卿の衛兵隊が現れダルタニアンと
三銃士はともに衛兵隊と戦うことになる。
そして腕も認められダルタニアンは三銃士とともに
過ごすことになる。

そのころのパリは幼いルイ13世が王となり
リシュリュー枢機卿が政治を治めようと企んでいた。
そのためにイギリスとの戦争を起こそうと
ミレディという女をスパイとして使っていた。

リシュリューは、ルイ13世から王妃へ送った首飾りを
ミレディに盗ませ、イギリスのバッキンガム公のもとで
発見させ、王妃とバッキンガムの不貞をでっちあげようとしていた。

王妃の侍女コンスタンスに首飾りを取り戻してほしいと頼まれた
ダルタニアンは三銃士とともにイギリスへ向かう。
そしてミレディが持って逃げようとしていた首飾りを
無事奪還しリシュリューの企みは失敗に終わった。





theme : TVで見た映画
genre : 映画

『そんな彼なら捨てちゃえば?!』

『そんな彼なら捨てちゃえば?!』

~感想~

ずっと前に録画していたけど気分がのらなくて

見ていなかったけどいざ見てみるとおもしろかった

男性は興味ないだろうけど女子はこーゆーの

好きだよね~と思う(笑)

きっとだんな様が見てたら

「おもしろくない

っていうんだろうな(笑)

何か Sex&The City に雰囲気が似ているな~と思ったら

脚本家が同じ人のようですね


~あらすじ~


恋人がなかなかできないジジは友達に紹介されたケビンに夢中になり
彼がよく行くというバーに行ってみる。
そこでケビンを知る、アレックスというバーテンダーと
話すうちに、男心を知っていく。

ベスは恋人のニールと同棲して7年。
妹も結婚していくが、ニールは結婚してくれない。
そんなある日ベスはニールに
「結婚する気がないなら別れる」といい
ニールは出ていくことに・・・

広告代理店で勤めるメアリーは仕事は順調だが出会いすらない。

ジャニーンはベンと結婚して数年、家のリフォームも進み
幸せに暮らしているが、ずっとセックスレスな生活を送っていた。

アンナとコナーは友達以上恋人未満のような関係。
コナーはアンナとゆくゆくは結婚も考えているが
アンナは歌手になるという夢を追っている。
そんなある日、アンナは音楽関係者にコネがあるという
ベンという男性と知り合い深い仲になっていく。

ジジは何かとアレックスに相談しているうちに
アレックスは自分のことが好きなのではと思うようになり
彼に問うと「なんでそんな風に思えるんだ。
どうして女は友情を壊したがるんだ」と言われてしまう。
ショックを受けながらもジジはアレックスに
「勘違いばかりするけれど本当の愛を知らない
あなたより私のほうがマシ」と言い捨てて出ていく。

ジャニーンはベンからほかの女性と関係を持ったと言われたが
もう一度夫婦関係を修復したいとベンの事務所へいく。
そこではベンとアンナが会っていたがアンナを
クローゼットに隠してジャニーンを部屋へ入れた。
そこでベンとジャニーンのやりとりを聞いていたアンナは
怒りベンとの関係を終わらせる。

ある日アンナとコナーが出かけたとき
コナーからプロポーズをされてしまう。
しかし、アンナはコナーからのプロポーズを断る。

ジャニーンはベンとの生活をやり直そうとしていたが
やめたといっていた煙草の箱が彼の上着から出てきて
離婚を決意する。

アンナは広告を依頼されているコナーと会い
新しい出会いの予感を感じていた。

一方ジジからの連絡がなくなったアレックスは
ジジのことばかり考えていることに気づき
ジジのことが好きになっていることに気づく。
初めて本当に人を好きになったと気づいたアレックスは
ジジの家へ向かう。








theme : TVで見た映画
genre : 映画

『君に届け』

~感想~

原作が少女マンガなだけあってはじめから終わりまで

胸がキュンキュンなりそうな展開でした(笑)

個人的にはいまどきの女子高生で

こんな純情な子いるのか?と思うほどでした


自分の意見が言えないおとなしいヒロインが

友達や好きな人ができることにより

殻を破って成長していく、正統派少女マンガですね。

ストーリーはベタベタな感じですがマンガ原作なので

こんなもんですかね?


まあアラサー女にはTVで見るくらいで十分キュンキュンさせられました。


~あらすじ~

爽子は子供のころから人の役に立ちたいと
一日一善を心がけるおとなしい女子高生。
入学式の日からクラスメイトの風早くんにあこがれている。

ある日、クラスメイトとの肝試しにくるように風早くんから誘われ
みんなの役に立ちたいと幽霊役を志願した爽子。
そこからあやねや千鶴、風早くんと仲良くなりだした。

しかし、爽子は「爽子といると周りのみんなの株が下がる」という
噂話を聞いてしまい、自分から距離を置こうとするが
あやねや千鶴の陰口を聞き、取り消すように相手に詰め寄る。
あやねや千鶴も爽子の気持ちに気づき友情を深めた。

そしてある日、風早くんから「彼女になってほしい」と告白されたが
どうしていいかわからなくなった爽子は何も言わずに逃げてしまう。
それを聞いたあやねと千鶴から、自分の気持ちは
きちんと伝えないといけないと言われ風早くんのもとへ走る。

「風早くんは私にとってただのあこがれじゃなく
特別な存在なんです」と。




theme : TVで見た映画
genre : 映画

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。